スーパーマーケットで働くということ

スーパーの生鮮チーフによるブログ

MR(マーケットリサーチ)の目的 チーフ向け

こんにちは。

日々業務に勤しむ方々お疲れ様です。

今回はMRについての考え方を書いていきますので、なんとなくMRしているなぁという方は参考にしてみてください。

MRする目的を明確に

MRって義務のように行ってませんか?日曜日だから行かないと、とか、ちょっと息抜きがてら行ってくるか、とか。わざわざ時間と足を使うのですから、目的をはっきりさせましょう。

でも、価格を見てくるとか、何をメインに販売しているか見てくる、というのは当たり前ですよね。

MRって相手に勝つためにしてるんじゃないの?

競合調査って何のためにしているのか考えてほしいのですが、相手に勝つためですよね?でも、「敵を知り己を知れば100戦危うからず」という言葉もあるように、相手のことだけわかっていても、勝負には勝てません。まず自分の売り場を見てください。その上で、競合の売り場を見てみましょう。

カテゴリーごとのアイテム数を見る

私は水産なので水産で例えますが、例えば魚卵というカテゴリーがありますよね。自店ではたらこ・明太子・筋子などで16アイテムあるとします。アイテムというのは取り扱いの種類のことですので、パックの大小は含めません。メーカーパックは含めてくださいね。

そうやって自店の情報を把握した上で、競合を見に行きましょう。一気に全てのカテゴリーを比較するのは大変ですから、一度につき2~3カテゴリーくらいにしてください、特に自店で数字が良くないカテゴリーを見ると良いでしょう。

価格を見るのはほどほどに

今の時代、価格で勝負するというのはジリ貧になるだけけです。もし競合が価格に関して、下をくぐる、という政策をとっていたらどうなりますか?私は昔、もやしが9円になっているのを見たことがありますが、あそこまでいくと恐ろしいですね。

スーパーというのは限られた商圏の中、限られたお客様にお買い物をしていただく場所です。要は少ないパイの取り合いです。もちろん価格は大事ですが、それ以上に価格競争に巻き込まれないための工夫に力と頭脳を注ぎましょう。

MRの作法として

最後にMRの作法なのですが、個人的にはなるべく普段着で行って、買い物カゴを持ったほうがいいんではないかなと思います。

時々スーツで来られて、首から仕事用の携帯をぶらさげ、MR丸出しで来ている競合他社の方がおられますが、はっきりいって迷惑です。

スーツで手ぶらだと、それだけで他のお客様から、ここの従業員かな、とか、本部の人なのかな?と思われる可能性が高いです。